July 20, 2006

book_11.gif 【映画】M:i:III


ネタバレ有り 評価:rating_48.gif[80点](0-100点)

実は前作・前々作を観ていません(爆)。
予習しようとはしていたのですが、レンタルする間もなく映画館での鑑賞日を迎えてしまいました。
近々、レンタルで観よう…。

さて、本題。

公式ファンサイトで予告を観ていたので、ちょっと期待してました。
『スパイ大作戦』ですからねぇ。

余談ながら、あの音楽は懐かしさもあり好きなんですが、公式サイトで鳴りっ放しなのには些か閉口したっす。ストップボタン設置するとか、時間で止めるとかしてくれれば重畳ですが…リンク先が別ウィンドウで開くようになっている為、延々流れるんでちょっと…。

うん。敢えて、言うなら。


ゼーン、かっけー!!
第一声はこれです。ホント、クールビューティーですね。
ヒロインのジュリアが霞むくらい、いい味出してました。

ストーリー的には、困難な任務がどうの、というには…うーん、てな感想を抱きましたが、アクションに次ぐアクションで飽きなかった事は確かです。
ただ、最後がちょっと戴けない。
内通者が誰かなんて、ゴメン、すぐ判っちまったよ。
頭に埋め込まれた爆弾を電極でショートさせて(当然当事者は心臓停止)、生き返らせるってのも、ちょっとな。
でもトム・クルーズの体当たりスタントに免じて、80点(星四つ)。

スリルを味わいたい人には、お薦めです。
『シリーズものは3作目にコケる』というジンクスはこの作品には当て嵌まりません。娯楽大作である事は間違いなし。

◆イーサン・ハント【トム・クルーズ

元CIAエージェント、MIFチーム所属。
引退して教官となり、秘密を抱えたまま婚約者と甘い生活を…って、何事も無けりゃそのまま行けたんでしょうがね。嗚呼、つべこべ言う前に1と2を早く観ろよオイラ(爆)。
トム・クルーズは演技力と、アクション体当たりな姿勢が素晴らしいです。
だから、彼の出る映画は外せない(じゃあ何で1と2を観てないんだ、って突っ込みは無しにして下さい)。
然し何やら、パラマウント社に振られたらしいですな。このシリーズはトムの製作会社が権利持ってるから、他の配給会社探せば続編作れるだろうとは思うが。
というか、次回作は東京が舞台らしいし、無事製作出来る事を祈る。

◆オーウェン・デイヴィアン【フィリップ・シーモア・ホフマン

逮捕時の扱いを逆恨みし、イーサンに復讐する武器ディーラー。
…済みません。ホフマン氏、大変失礼なのだがホントにまだ30代?(汗)
もうちょいいってるのかと…(爆)
それはともかく、見事な冷酷非情ぶりでした。
悪役に演技派俳優が居ると、作品が引き締まりますね。
それだけに、ラストは勿体無い…。

◆ルーサー【ヴィング・レイムス

全シリーズに於いてミッションに参加している、言わばイーサンの片腕。
コンピュータ&メカ専門。
…ファイナルファンタジーで声当ててたんですね…観に行ったのに気付かなかったよ。
準主役級の役が増えてきているそうで。今後、映画館で出会える事を楽しみにしてます。

◆デクラン【ジョナサン・リス=マイヤーズ

あらゆる乗り物を操縦出来、変装の名人でもあるIMFエージェント。
何ヶ国語も使い分ける、と公式サイトに紹介されているが、その辺は本編で出たっけ?(汗) 記憶にございません(爆)
期待の若手俳優ですな。今後の活躍を祈る。

◇ゼーン【マギー・Q

冷静沈着、命令はそつなくこなす優秀なエージェントで武器のエキスパート。
作中、ドレスアップで容姿の素晴らしさを堪能させてくれました。元モデルだけあってプロポーション良いですね。眼福眼福。
ヴァチカンでランボルギーニを爆破するよう命令された時に、とても残念そうに「良い車なのに…」と呟きながらリモコンのボタンを押したシーンが印象的でした(笑)。
この作品が本格的なハリウッド進出作のようで。同じく今後に期待。

◆ブラッセル【ローレンス・フィッシュバーン

厳格なIMF局長。
フィッシュバーン氏は『マトリックス』シリーズのモーフィアスが記憶に新しいですね。
でもあの時はツルツル頭だったし殆どグラサンかけた顔しかイメージ残ってないんで、只でさえ顔と名前をなかなか覚えないオイラは検索してみて吃驚したのでした(爆)。

◇ジュリア【ミシェル・モナハン

イーサン・ハントの婚約者で看護婦。
ラストの辺りを考えると、看護婦で都合良いねぇと思ってしまったのだが。
…一つ言って良い?
ジュリア、君、銃に触った事あるのか?
イーサンに武器の使い方を口頭で簡単に説明受けただけであって、撃った時の反動とかは全く聞かされていないにも拘らず完全に押さえ込んでるのって…やっぱ看護婦ならではの腕力ですか?(爆)
腕力無いと、銃をホールドするだけでも結構大変だからねぇ…いやいや、凄いなー。
関連商品



web拍手
タグ:映画 映画館
posted by  文里 at 00:28 | TrackBack(1) | Cinema | Edit
Comments
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

URL:

Comment: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Trackbacks
TrackBack Sites
※トラックバック元の画像は HeartRails Capture を利用させて戴いております。

猫姫じゃ
MI:III 06年230本目
Excerpt: M:I:III  ミッション:インポッシブル:3 2006年   J・J・エイブラムス  監督トム・クルーズ  、フィリップ・シーモア・ホフマン  、ビング・レイムズ ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: December 10, 2006 20:55